乾燥肌とセラミドの関係とは

subpage01

セラミドは皮膚の表皮の最も外側、角質層に存在します。角質層にある細胞と細胞の間を埋め、水分や油分を保持してくれる細胞間脂質という存在で、肌内部の水分の蒸発を防ぐ重要な役割を果たします。

ところがセラミドは加齢や環境の変化によって減少してしまいます。



その結果、肌に潤いがなくなり乾燥肌という状態になるのです。

肌にはもともとバリア機能というものが備わっています。

エキサイトニュースに関して悩んだら、是非お試し下さい。

これは外部の刺激から肌を守ってくれるものです。

乾燥肌になるとこのバリア機能が低下し、外部からの刺激に対して無防備な状態になります。その状態を放置しておくと肌トラブルの原因になってしまうのです。


このため、乾燥肌の方は不足しているセラミドを補給する必要があります。



前述したようにセラミドは肌の一番外側の角質層に存在するため、化粧品で補給することが可能です。化粧品で補給する場合は、そのまま配合されているものではなくナノ化されていて肌に浸透しやすいものを選ぶのがポイントです。


化粧品は乾燥に直接アプローチできるため、即効性があり、高い効果が期待できます。

また、サプリメントなどを摂取して内側からセラミドを補給する方法もあります。サプリメントは体内に吸収されやすい加工がなされているので効果が出やすいですが、お金をかけたくない方は食品から摂取する方法もあります。
米、小麦、乳製品、大豆、こんにゃく芋に多く含まれているのでこれらの食品を意識的に摂るようにしましょう。